Band/music blog

Ty Segall タイ・セガール

サキです。Bang the Noiseイギリス北部担当(?)です。
さて、今回は2013年1番忙しいミュージシャン?とイギリスの新聞The Guardianに言われるほど
ここ数年で以前にも増して知名度を上げたTy Segall(タイ・セガール)をご紹介!

去年発売されたアルバムTwins(ツインズ)から”Thank God For Sinners

Ty Segallはアメリカ・カリフォルニア出身のローファイ・ガレージロックミュージシャン。
バックバンドを引き連れつつも、Ty Segallという名前のソロアーティストです。
ミュージシャンとしての彼の活動歴は濃く長く、現在弱冠26歳にも関わらず、2008年にリリースされたファーストアルバムHorn the Unicornから今にかけて既に9枚ものアルバムを発表している。
ソロアーティストとして以外にも常に何かと活動しているので、スプリットアルバムや、かつて参加したバンド、現在参加しているバンドのリリースを含めれば、両手では数えきれない程のレコードを今までにリリースしています。

2008年のファーストアルバム発表前から、カリフォルニア・サンフランシスコを拠点に活動していたTy Segall
19歳の時に、同じくサンフランシスコで精力的に活動していたThee Oh Seesのボーカル/ギターのJohn Dwyerに出会う。(当時John Dwyerは31歳だったとか)
ちょうどその時John Dwyerがレコードレーベルを始めようと計画していたこともあり、Ty Segallの代表的なアルバムでもあるセカンド”Ty Segall”はJohn DwyerのレーベルCastle Face Recordsからリリースされている。それ以来、Ty SegallThee Oh Seesは一緒にアメリカツアーをしたり、スプリットEPを制作したり、お互いのアルバムにゲストとして参加しあったりと、拠点を共にするミュージシャン仲間として親密な関係にある。

セカンドアルバムTy Segallから”Pretty Baby

休む間もなく音楽活動に励む超豊作ミュージシャンのTy Segallが2013年最も忙しかったのでは?と言われる理由の1つに、彼の新しいバンドFUZZ(ファズ)がある。Austin Psych Festから広まったPsych Festivalブームもあってか、今年はFUZZとしてのライブも精力的に行われました。私たちBang the NoiseもLiverpool Psych FestivalでFUZZを拝見!荒々しくドラムを叩きながら歌うTy Segallの力強いオーラに圧倒されました。FUZZは70’sのハードロックやサイケロックを彷彿とさせる正統派ロック。その真髄はTy Segallの名のもとで届けられる音楽にも感じられるので、FUZZは聞いたことあるけど、Ty Segallはまだあんまり知らないな…という方は是非この機会にお試しあれ!

過去をさかのぼって、彼の今までの音源を全てチェックしよう!と思うと、あまりの豊作具合に少し気が引けてしまうかもしれないので、これからTy Segall聞き始める場合はSingles 2007-2010がおススメ!その名の通り、2007年から2010年までのシングルコレクションです。セルフタイトルのセカンドアルバム、”Ty Segall”も必聴です!
Ty Segallを気に入ったあかつきには、Ty Segall BandのSlaughterhouseTy Segall and White Fenceにも試していただきたい。それであなたもTy Segall通。
となれば後は生で彼の音楽を堪能するに尽きる。
Ty Segallのライブはとりあえず激しい!暴れる!楽しい!その様子が下の動画からも伺えると思います。

以下が12月2日にロンドンにてWhite Fenceと共に行われたライブの写真です。
撮影はフミエさんでございます。

Ty Segall

Ty Segall_0005

Ty Segall_0002

Ty Segall_0001

Ty Segall_0004

ちなみにBang the Noiseの間ではTy SegallはTyちゃんと呼ばれています。かわいいでしょ。

広告

Ty Segall タイ・セガール」への3件のフィードバック

  1. こんにちは。Ty Segallをググってたらたどり着いたので記事を拝見させていただきました。記事を読んでYoutubeでFuzzをチェックしてみましたがなかなか激しくてかっこよかったです!
    White Fenceとのライブの写真とても素敵です。差し支えなければどういったカメラでお撮りしたのか教えていただきたいです。

    • りかさん、コメントありがとうございます!そして返信遅れてしまってすいません…カメラはOlympus AZ 200を使用しています。Bang The Noiseに上がっている写真はほとんどこのカメラで撮っています。フィルムは主にLomographyのISO 800を使用しています。

      • ご回答ありがとうございます!個人的に参考にさせていただきます。
        素敵なサイトのご運営これからも楽しみにしています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中