dj/music blog/News/party

6/12 @ Macky x Macky in Shimokitazawa: Bang the Noise Saki Playlist

6/12(金)下北沢のパンクバー、マッキーxマッキーにてSound of RainのDaizoさんやNagaiさん、PlasticzoomsのShoさん、group AのTommiさん、TVTVのYamashitaさんという豪華メンバーのDJで大盛況に終わったイベントにBang the Noiseサキも参加させていただきました。そこで、貴重すぎて有り難いリクエストにお応えして、プレイリストをご紹介!

・The KVB – Shadows

イギリスのダーク・ウェイヴ男女デュオ。2012年にCititraxからリリースされた「Immaterial Visions」からの1曲。このディストーションききまくりなギターが気持ちいい!彼らの音楽に潜む狂気にドキドキするかたは、The KVBの片割れさんがやっているインダストリアル・テクノなプロジェクトBurma Campも是非チェックしてみて!


・A Place To Bury Strangers – Down the Stairs

イギリスのシューゲイズ/サイケ系レーベルFuzz Clubのスプリット企画第6弾!最近リリースされたやつです。A Place to Bury StrangersとThe Telescopesという最高のカップリング。私が知っているA Place to Bury Strangersよりもイカつくてダークで好き。The TelescopesはStoogesのI Wanna Be Your Dogをカヴァー!


Froth – On My Chest

最近リリースされたFrothのセカンド・アルバム「Bleak」から、1番ダークでシューゲイズな1曲をピック・アップ。デビュー・アルバムに比べてかなりシューゲイズ/ポスト・パンク色が強くなっててカッチョいい。


Thee Oh Sees – Penetrating Eye

説明不要!安定のOh Sees。今月リリースされたニュー・アルバムの1っこ前のアルバム「Drop」から。


Goat – Run to Your Mama

スウェーデンのトライヴァルなサイケバンドGoatの、リイシューされまくったファースト「World Music」から人気の1曲。セカンドはSUB POPからリリースするという飛躍を遂げた注目のバンド。


Fat White Family – Touch the Leather (Original Ver.)

こちらも説明不要!Bang the Noiseが惚れ込んでいるイギリスの唯一無二な存在感を放つFat White Family。彼ら自身が独自のジャンルを築き上げちゃってるので、カテゴライズなんて大それたこと出来ない。とりあえず、全部最高なので全部聞いて欲しい。Reduxバージョンのビデオは年齢制限かかってるけど、彼らの世界観を掴むにはオススメです:https://www.youtube.com/watch?v=vlmDh4LlaKo&feature=youtu.be


The Shivas – Whiteout & Manson Girls

この2曲は無理くた繋げてかけました。踊れるガレージ・キラー・チューン!ロックンロールやサーフっぽい感じも最高。Whiteoutは7″シングル「You Make Me Wanna Die」のB-1。Manson Girlsは最新アルバム「You Know What To Do」のB-3。


Paint Fumes – Surf Party Apocalypse

最初から最後までかなりノレる楽しいガレージ・パンクなアルバム!2012年リリースのファースト・アルバム「Uck Life」から。私がかけた曲はストリーム出来ないのですが、同アルバムの何曲かはリリース元のレーベルSlovenlyのバンドキャンプで聞けるので是非!


Thee Tsunamis – Drag

最近のお気に入り!ガレージ・パンク+ガールズ・ポップな組み合わせがクセになる。こちらも最近リリースされたばかりのアルバム「Saturday Night Sweetheart」から。


Wand – 6661

個人的に、Wandはかなり一押しのバンドです。Ty SegallのManipulatorに反応する人はきっと好きになる感じ!去年Tyちゃん監修レーベルGod?からリリースされたファースト・アルバム「Ganglion Reef」から。


King Gizzard & The Lizard Wizard – Cellophane

オーストラリアのサイケな7人組!去年リリースされた5枚目のアルバム「I’m In Your Mind Fuzz」に収録。シングル・カットで先行リリースされたのだけど、その7インチに付いてくる3Dメガネでこのミュージック・ビデオを見ると楽しいです。


Night Beats – Puppets on a String

Night BeatsもBang the Noiseが惚れ込んでるバンドです。このサイトで1番最初に紹介したのは彼らだった気がする。これぞガレージ・サイケ!残念ながらベースのTarekは最近脱退。ライブで見るべきバンド!2011年リリースの私たちの中では不動の名盤「Night Beats」から。


Meatbodies – Mountain

とりあえずいつ聞いても盛り上がるからお気に入り。Ty SegallやThee Oh Sees界隈で活動するミュージシャン、Chadがボーカルを務めるバンド。2014年リリースのファーストアルバム「Meatbodies」から。

——————————————————————————–
Bang The Noiseはユニットでも、個人でもDJ活動を行っています。 サキの得意分野は、90’s~現行のインディーガレージ/ネオサイケ/ポストパンク/インダストリアル、フミエの得意分野は60s~現行ガレージパンク/60s~現行サイケロック/ヘビーサイケですが、とにかく踊れる激しいものから妖しいものまでいろいろ選曲しますので、イベントの際はぜひぜひBang The NoiseにDJ依頼、お待ちしています! 連絡は気軽にbangthenoise@gmail.comまで!
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中